東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

日本にとっての河野談話が、韓国の慰安婦合意になった。

韓国で行われた総選挙の結果、与党セヌリ党が惨敗して韓国の議会の中で過半数割れが起きています。

そのような中で日本政府と韓国政府の間で合意された「慰安婦合意」が、在韓日本大使館前にある「慰安婦像」をめぐっての軋轢もあり、合意が履行されるか難航している状態です。幸い、日韓両政府も合意の重要性を認識しておりますが、韓国野党代表が合意の見直しを行い、日本と再交渉を行うべきと発言しております。

もし、次の韓国大統領選挙で現在の野党代表がそのまま韓国大統領に就任した場合、「慰安婦合意」の履行そのものが行われるか難しい状態です。

ちなみに野党代表は国家間の合意をそう簡単に再交渉で覆るとは思っていないらしく、自身が大統領になった時を見据えて、慰安婦合意を容認する発言をしていますが、元慰安婦の団体に猛反対を受けており、自身の発言について撤回しています。

 

国家間の合意がそう簡単に覆るとは誰も思っていないでしょう。日本についてもついこの間まで河野談話を撤回すべきという意見が非常多かったのですが、慰安婦合意が行われた後は、そのような声はまったく聞こえなくなりました。政府としても河野談話を見直した場合、国際世論からの批判やダメージが非常に大きいと予測したものだと思います。

 

個人的な意見ですが、少し前に河野談話について日本で撤回運動が起きたのと、現在の韓国で行なわれている慰安婦合意の撤回運動はまるで鏡合わせに見えます。両政府とも政府間の合意の重要性は認識していますが、周りの政治団体や社会運動家が合意を覆そうとしているのが非常に似ている気がするのです。

 

日本としては通常通り慰安婦合意を履行するために努力するべきとは思いますが、もし韓国政府内で履行を覆そうという動きがある場合、「国際社会が許さないぞ」という姿勢を維持しながら、合意履行に向けて外交交渉をしてくれると良いと思います。