読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

衆議院を解散するのか解散しないのかはっきりしろ。

お疲れ様です。

霞が関の周辺で、衆議院を解散するかしないか軽い騒ぎになっています。与党自民党にしてみたら、参議院解散と同時にかいさんすることによって、自民党の悲願でもある「憲法改正に必要な2/3議席」に届く可能性があるわけです。

 

しかし、実際に衆議院を解散する権限は首相が持っているわけですが。

 

安倍首相は解散しないと考えているようです。(解散しないとは明言していません)

自民党が一番議席数を取るシナリオは、サミット終了後に曖昧になっていた消費税増税を延期することで支持率をあげ、その世論のなかで総選挙を発表することで議席を獲得することを狙いたいわけですね。

正直、安倍首相が消費税増税延期も解散総選挙もしないと述べているなかで、前者も後者も行われたら、安倍首相の言葉を誰も信用しなくなるんじゃないですかね。

国民から見て政治家の言動や発言に関しての信用度は非常に低いと考えます。都知事が政治資金を不整に利用したり、女性の人権を全く考えない発言を行ったりなど、暇がありません。

そのようななかで、日本政治の独特の力学によって首相の言葉が180度入れ替わるのは、日本の政治にとってマイナスにしかならないと思います。