東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

国民投票で国民が改憲を選んだのであれば、それは民主主義の結果で尊重するべきでは?

d.hatena.ne.jp

私は自民党改憲案には反対の立場です。自民党改憲案には基本的人権を抑制している条文が多数あり、改憲するべきではないという立場です。

ですが、広島訪問を行った外交手腕や、金融緩和を行ったという2つの点を評価して、今回は自民党に投票したいと思っています。

 

ですが、上記のブログの筆者は、自民党が議会の3分の2の議席を得た場合、改憲のための国民投票が行われ、自民党改憲案になってしまうという危惧が左派の立場からあり、その気持ちはよく分かるつもりでいます。

 

ですが国民投票を経た上で、有権者改憲を選んだのであれば、私は民主主義の結果として尊重するべきだと思います。民主主義とは、有権者の意見が政治に反映されることであり、その意見が有権者自身の利益に反するものだとしても、有権者がそれを支持したのであれば、改憲するべきだと思います。

 

追記:いい加減有権者を馬鹿にするような議論はやめてほしいです。