読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

鳥越氏を応援したフェミニストは「鳥越氏の女性暴行事件」についてどう考えているのだろうか。

雑記

こんな記事が話題になっています。

www.huffingtonpost.jp

このインタビューを一読した方は、わかると思いますが、鳥越氏は今回の選挙の敗北は自分の責任ではなく、民進党共産党の選対、宇都宮氏、自分に訴訟を起こした女性に矛先を向けております。

どれもこれもひどいを通り越して、あらゆる意味での無気力感を醸し出しておりますが、一番注目するべき一文があります。 

 

週刊誌2誌に書かれたといっても、情報源は一緒ですよね。はっきり言って、それがそのまま、なんの裏付けも証拠もなく、「この人がこう言っている」というだけで載っちゃうのね。

でもこっちは、それに打ち勝つ方法が何もない。そういうジレンマというか、本当にもどかしい思いがありましたけれども、説明してどうなるものではない。あとはきっちり、裁判でけりをつけるしかないと覚悟を決めました。

 とくに鳥越氏が行ったとされる「女子大生への性的暴行事」についてもっと、被害者に配慮した言動は選挙期間中も選挙後も見られていません。そのような中で、日本で一番女性の人権に敏感なはずのフェミニストが、鳥越氏の女性問題が明らかになった後でも、鳥越氏の支持を固持する姿勢には驚きを禁じえませんでした。

 特に上野千鶴子氏の議論のすり替えは、非道いの一言に尽きます。そもそも今回の都知事選は、都政について明確に述べたのが小池氏だったというだけで、ポピュリズムの風は「女」に吹いたというのはただの事実の誤認です。上野氏は鳥越氏の応援演説を行っていましたが、彼女はフェミニストとして最大の汚点を残してしまったと思います。