東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

安倍首相が慰安婦への「お詫びの手紙」を「毛頭考えていない」と答えた件について。

お疲れ様です。この記事を見て見てください。

headlines.yahoo.co.jp

正直、韓国側が「お詫びの手紙」を提案するのだったら、去年の慰安婦合意の時点で提案するべきだったと考えます。この合意は「不可逆的な合意」ですので基本的には覆すことはきません。

個人的には韓国政府が慰安婦問題についてあまりにも甘く考えすぎです。慰安婦像の撤去について韓国世論の反発を甘く考えているし、韓国政府が対応に困った時には、「安倍首相にお詫びの手紙を書いてもらえれば良い」と考えているところもかなり甘いと思います。

この件に関して政治学者の木村幹氏がツイッターでコメントしていましたので幾つか借用したいと思います。

 このコメントに私は100%同意します。

何はともあれ、せっかく慰安婦合意を行ったのだから、両国ともその合意を尊重して欲しいと思う次第です。