読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

日本政府にして見たら慰安婦問題の「解決」よりも「合意」の方が先だということ。

東亜政治

変なブコメがついたので反論しますよー。

coper「解決」ではなく「合意」をゴールと錯覚した日韓両政府の対応のダメさ加減に気づかない人の的外れな難癖。この人があの合意の遵守に固執するのは、解決なんてどうでもよいと思っているからか。

このブコメのすごいところは、この方が日本政府を信用しすぎだということです。 日本政府としては「慰安婦支援団体が求める解決」なんてどうでもいいんですよね。日本政府としては、韓国政府と「慰安婦問題はこれで終わり」という合意が出ることが一番重要なんです。日本政府が合意の遵守を何度も繰り返すのは、慰安婦問題を蒸し返されたくないからであり。日本政府としてはそれが一番大事なんですよね。

おそらくこのブコメは日本政府は「慰安婦問題を適切に解決してくれる」という希望的観測があるのかもしれないですが、日本政府は「挺対協が望む100%の解決」というのはそもそも無理だということを理解しているので、日本政府としては合意を取り付けることこそがゴールなんですよね。

あと上記のブコメの回答をすると、個人的には慰安婦合意こそが「解決」だと思っており、挺対協が望む「解決」なんて現実的にはありえないですし、おそらく韓国政府もそれを重々承知だからこそあの合意を日本政府と結んだのだと思います。