読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

「殺したがるバカどもと戦って」と煽る瀬戸内寂聴

www.sankei.com

ちなみに個人的には死刑制度には反対です。なぜなら日本の死刑制度が国際的に非難の対象になっていること、死刑制度を存続するコストが膨大だということ、一番は「死をもって償う」という制度は基本的人権の面から見て相反するものだということです。

それでも瀬戸内氏のこの発言は犯罪被害者の感情を逆なでするような発言であり、あまりに挑発的です。それを日弁連の主催した講演でビデオメッセージとして放送したことは、日弁連による「自分の主張のためなら犯罪被害者を罵倒しても許される」という独善的な態度であり、死刑制度の廃止をさらに遠くするような行動だと思います。

個人的には右の曽野綾子、左の瀬戸内寂聴と並び称されるようになるとおもしろいと思います。