読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

日本への差別行為を容認する韓国のハンギョレ日報

f:id:akaglass:20161010074519j:plain

お疲れ様です。韓国のハンギョレ日報があまりにもひどい記事を掲載しております。

japan.hani.co.kr

この記事では、日本が行う韓国への差別行為と、韓国が行う日本への差別行為は質が異なるという論調を展開しています。

わさび・韓国人卑下するバス乗車券など日本の根深い嫌韓と 
日本の政治家の妄言に反応する韓国の反日は異なる 
さらに気がかりなのは第2韓国学校の見直しなど公的な嫌韓政策

この記者はハンギョレ日報の日本特派員なのですが、この記事にはこう書かれています、「日本の根深い嫌韓と韓国の反日は異なる」と断言している部分です。 自国の差別行為に無自覚なことがわかります。

私の意見としては韓国の反日も日本の嫌韓も基本的には変わらないという立場です。韓国のひどい反日の例としては、「対馬仏像盗難事件」あたりも国家ぐるみの略奪行為なので今でも記憶しています、日本の対馬の三寺院から、韓国人窃盗団によって仏像2体などが盗難された事件のことです。韓国の裁判所が盗難仏像の日本への返還を事実上拒否する決定を下しました。

この記事の言葉を借りると、もし韓国人窃盗団が中国から仏像を盗難し、中国にも同じように仏像の返還を拒むことができるのでしょうか。おそらく「日本に対してだったら何をしてもいいという感情論」を外交に持ち込んだ結果が、上記の画像のインタビューのソウル市民の無意識による反日でしょう。

何はともあれこの記事には、韓国の記者でさえも「韓国が行う日本への差別行為」にはあまりにも無自覚だということを示してくれました。どうやら韓国の左派新聞のハンギョレ日報は韓国のヘイトスピーチを容認していくようです。これからはそのことを加味しながら、ハンギョレ日報を読んだほうが良さそうです。