東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

対立し始めた中国と韓国。

お疲れ様です。朝鮮日報を読んでいるとこのような記事が掲載されておりました。

www.chosunonline.com

www.chosunonline.com

韓国の朴槿恵政権は発足当初、中国と米国の間を均等に外交する「二股外交」を目指しておりました。しかし米国が高高度ミサイル防衛THAADシステムを韓国に配備する際に、中国政府が猛反対しました。ですが、韓国は中国の反対を押し切って韓国にミサイル防衛システムを配備したため、両国の関係は以前よりも冷え込んでいるようです。

なぜこのような東アジア情勢になってしまったのでしょうか。私には二つ理由があると思います。

米国からあまりにも中国政府に寄りすぎたと認識されたため

国連創設70周年と世界反ファシズム戦争勝利70周年、記念の意義とは?_中国網_日本語

2015年に中国で開催された世界反ファシズム戦争勝利記念式典というものがありました。欧米諸国の首脳陣が欠席する中、ロシアのプーチン大統領や韓国の朴槿恵大統領、おまけに国連のパンギムン事務総長が出席しました。

この式典は南シナ海で他国と対立される中、歴史問題を利用することで正当化する目的があったため、アメリカなどの欧米は式典自体に懐疑的でした。

ですが、中国との関係を重視する朴槿恵政権は式典に出席し、アメリカから中国政府よりと認識されたためです。

そのため、アメリカに韓米同盟も重視する姿勢を見せる必要があったため、ミサイル防衛システムを配備する必要がありました。

頻発する北朝鮮の核実験

www.newsweekjapan.jp

北朝鮮金正恩体制が成立してから、北朝鮮の核実験が何回も行われています。韓国は隣国での核実験はあまりにも危険だと認識したため、ミサイル防衛システムで安全保障上のリスクを低くする必要がありました。

そして、日本との関係改善をする必要もあった

おそらく昨年末に結ばれた「慰安婦合意」も、アメリカの後押しで日米韓の防衛体制を整えたかったこと、韓国も北朝鮮と対抗するため安全保障上で日本と協力する必要がっあったこと、日本も慰安婦問題を最終的に決着する必要があったのこと、三者の利害が一致して行われたものだと認識しています。

少なくとも韓国の朴槿恵政権は支持率が下落しています。

www.chosunonline.com

朴槿恵政権が続く限り、レームダック化した政権は主体的に外交を展開することは難しいと思われます。これらが、決定的に動くのは韓国の大統領選が始まる来年になってからでしょう。