読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

予想に反してトランプ候補の圧勝に終わったアメリカ大統領選挙。

お疲れ様です。新聞各紙はトランプ氏が次期大統領になったことをスクープしています。

www.asahi.com

日本人でトランプ候補が大統領選に勝利すると推測していた人はごく少数でしょう。アメリカ世論もトランプ氏が勝つとは考えていなかったようです。

www.asahi.com

トランプ氏を支持する人たちが、世論調査に回答しなかったことも原因の一つです。そのため、アメリカの大手マスメディアはヒラリー候補が大統領選に勝利する確率は80%だと弾き出していました。

問題なのはこれからです。

トランプ次期大統領が、大統領としての能力は未知数です。ヒラリー候補の場合、民主党の重鎮の政治家たちを見ればどのような内政・外交を行うのかある程度は予想はつきますが、トランプ氏は公職経験ゼロの次期大統領のため、FRBの人事を誰にするのか、外務大臣は誰を任命するのか、メキシコとの国境に壁を作るのか、全く予想がつきません。

何よりも日本としては、トランプ氏が選挙期間中に何度も言及していた、在日米軍撤退を本当に行うかどうかわかりません。もし本当に行うのならば、日本の自主防衛も議論しなければなりませんし、憲法9条の性質も変わってきてしまうと考えます。

日本政府としては急ピッチでトランプ大統領を前提とした外交方針を考えなければなりません。今回の選挙で安倍首相の任期中の外交政策アベノミクスの成果が吹き飛んでしまう恐れもあります。