読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

韓国は「民主主義国家」だけど、「法治国家」の部分はかなり怪しいよね。

池上彰氏が韓国を「民主主義国家としては発展途上」と言ったらしいですね。

news.livedoor.com

引用しますと、

池上氏は「『みんなで集まってデモをすれば、自分たちの言い分が通るんじゃないか』という成功体験があるからこそ、何かあったらみんな集まるんじゃないかと言われますね」と持論を述べる。そして、「韓国はそこから民主化に向かって歩み始めたという意味では、民主主義国家としてはまだ発展途上ともいえるんではないか、ということですよね」と指摘していた。

 私の意見を申しますと、集まってデモをするから民主主義国としては発展途上だという論法はおかしいと思います。それこそ、アメリカやドイツなどは韓国を超えるほどデモを行なっております。ドイツなどでは移民受け入れ賛成デモなどを行なって移民を受け入れたり、アメリカでは同性愛者の権利を求めるデモを行なって、連邦憲法裁で同性婚を合法とする判決を出したりしています。

ですので、デモは民主主義にとって必要なものだと考える私にとって、この論法は到底納得できるものではありません。

しかし、韓国の政治体制が完成されているかと言ったら、簡単にはそうは言い切れない部分があります。それは法治国家の部分です。

www.sankei.com

www.tokyo-np.co.jp

産経新聞の記者が起訴された事件で、大統領府から韓国の裁判所に捜査を指示するメモがあったことが報道されています。これが事実だとすると、韓国には三権分立という民主主義の根幹が崩れているのではないかと考えられます。

この他にも日韓関係に限って言えば対馬の仏像返還問題も法的に見れば、日本に返還するべきなのに、条約を無視して今でも返還されないままでいます。いわゆる国民情緒法と揶揄されるように法治国家ではないという意見もあります。

 

外務省もホームページで、以前まで「基本的な価値を共有する重要な隣国」と韓国について明記されていましたが、最近では「重要な隣国」と明記されており、「基本的な価値」は削除されております。

まぁ難しい問題ですね。