読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

むしろ国際社会からみてヤバイ立場なのは韓国政府じゃないか。

このような記事がトップに上がっていました。

d.hatena.ne.jp

ドイツ政府が、現在の日本政府と似たような処置を行ったら国際社会は日本に対して冷たい目線を送るだろうと明言しているエントリで、色々とツッコミどころがありますが、国際社会で日本にあまり良い印象を与えないという部分は確かに一理あると思います。特に靖国神社参拝については私も懸念している立場です。

だからといって韓国政府が合意を不履行のままで良い理由にはなりません。肝要なのはこの合意自体が二カ国間の合意だということです。

国家間の合意である以上、韓国の大統領が新しく選ばれたとしても、その合意は次期政権も引き継がれることになります。

一番言いたいのは、次の大統領選挙で慰安婦合意を破棄すると明言していると国際社会が知ったら、韓国に悪い影響を及ぼすでしょう。更に、次期大統領が慰安婦合意を破棄したとしたら、韓国政府へのダメージは計り知れないものになると思います。

以前私はこのようなエントリを書きました。

akaglasss.hatenablog.com

タイトルが「日本にとっての河野談話が、韓国の慰安婦合意になった。」となっております。かつて日本にも河野談話を破棄しようとする右派勢力が存在し、安倍首相も河野談話について調査を行うところまで行きましたが、河野談話は撤回しておりません。撤回すると国際的なダメージが大きすぎるからです。

この韓国の慰安婦合意は「日本にとっての河野談話」になってしまい、破棄できるものであれば破棄したいが、破棄した瞬間に国益を害してしまうため、破棄できないものになっているような気がしてならないです。

世論と合意の板挟みになっている韓国政府ですが、日本政府としては合意を履行を繰り返し求めていくことが重要だと思います。