読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

孫崎亨氏は外交の基本原則を知らないらしい。

孫崎亨氏が全くの誤解を生むような言葉を掲載しておりました。

www.nikkan-gendai.com

引用します。

日韓合意というのは、安倍政権と朴政権との間で結ばれた話であって、未来永劫、守ることを約束したものではありません。だから、朴大統領が国会の弾劾訴追案可決で職務停止に追い込まれ、死に体状態になった途端、こういう状況になったのです。日本政府は日韓合意の“本質”を国民にきちんと伝えず、『歴史的』などと強調した。

孫崎亨氏は元外務省のなのですが、二カ国間の合意は、政権が変わっても合意は継承されるということを知らないらしいです。 これから韓国は大統領選挙が始まりますが、新しい大統領が選出され、新政権が誕生したとしてもその合意は新政権が履行する義務があります。

さらに申し上げると、韓国の新政権が「慰安婦合意を破棄する」と宣言したとしても、日本政府は和解・癒し財団に10億円を拠出して、元慰安婦の方々に資金を渡しているため、簡単に破棄することは難しいでしょう。

そして何度も申し上げますが、慰安婦合意という「二カ国間の合意」の一方的な破棄は、韓国外交の相当のダメージになります。日本政府としては、そのラインで外交を進めるべきじゃないですかね。