読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

NYタイムズ紙が慰安婦合意を支持する記事を掲載したことについて。

休日で暇ですので、さらに記事を掲載したいと思います。

www.chosunonline.com

朝鮮日報の翻訳記事で申し訳ないですが、NYタイムズ紙が慰安婦合意をきちんと履行するべきという事実上、韓国の対応を批判している記事を掲載しております。

「いま必要なことは、韓日両国と米国が、15年12月の合意が崩れるのを傍観していてはならないという事実を認識することだ」と主張した。釜山の少女像問題については「『日本が慰安婦問題について十分に謝罪していない』という韓国人の深い感情に関係している」としながらも「慰安婦合意には『最終的かつ不可逆的合意』という事実が言及されている」と指摘した。何としてでも慰安婦合意は守られるべきという点を強調したわけだ。

 この記事は、この慰安婦像問題が国際的にどのように見られているか理解するための一種の試金石となるでしょう。特に慰安婦問題について日本にかなり批判的であったNYタイムズが、このような記事を掲載したことについては一定の影響力があるでしょう

少し前に、日本をドイツになぞらえて、アンネフランクの像をドイツが撤去したら国際社会は許さないだろうという記事があった気がしましたが、海外から見たら、「二カ国間の合意はきちんと履行するべし」という基本原則を確認しただけだと思います。

まぁただ元の記事にも注意されているように、海外から挑発とも取られる動きについては、安倍政権については特に注意するべきだと思います。特に稲田防衛大臣靖国参拝については海外から大顰蹙を買っているので、今後は控えるべきだと考えいます。安倍政権はじっくりと韓国政府に合意の履行を求めるのが一番で確実な手段だと思います。

 同紙は、日本が駐韓日本大使と釜山総領事の一時帰国、韓日通貨交換(スワップ)協定の再開に向けた協議の中断など報復措置に乗り出したことと、韓国が稲田朋美防衛相の靖国神社参拝に抗議したことなど、両国関係が再び緊張状態に陥っていることに言及し「現在の状況を鎮静化させるための努力を並行させなければならない」と指摘した。