東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

韓国の世論は慰安婦合意の再交渉を求めているけど、この慰安婦合意って「最終的で不可逆的な合意」ですよね。

駐韓日本大使の一時帰国について、韓国の主要紙の反応が揃ってきたのでご紹介します。

まずは右派の朝鮮日報

www.chosunonline.com

引用します。

ところがこの日本との複雑な関係を「親日反日か」といった単細胞的な観点からしか考えられないとなれば、冷静かつ常に用意周到に立ち回る日本人と渡り合うことなど到底できない。共に民主党と文氏は「もし政権を握れば直ちに韓日慰安婦合意を破棄する」と豪語しているが、これが本当に可能かどうか疑問であるのはもちろん、もしそれを実行に移せば、国際社会において韓国が置かれるであろう立場や状況についてどう考えているのかまずは説明すべきだ。もしそうなればまず日本よりも米国が「韓国がまたゴールポストを移した」と批判してくるだろう。

 そして左派のハンギョレ日報です。

[社説]市民の「少女像」に報復した日本の居直り : 社説・コラム : ハンギョレ

引用します。

日本政府は今回も少女像の問題に関連して「約束したことは必ず守らねばならない」と求めている。朴槿恵(パク・クネ)政権が自ら招いた外交屈辱である。日本政府が報復措置の根拠にしている一昨年末の合意は、正義の原則を損ねたものであるだけに根本的に誤っている。日本は報復措置を直ちに止めるのが当り前である。おりしも韓国の裁判所は合意に関連した交渉文書を公開せよとの判決を下した。政府は今からでも合意内容を全て明らかにし、国民の意思に沿った選択をせねばならない。

 

韓国の世論は慰安婦合意の再交渉を求めていますが、慰安婦合意がそもそも「最終的かつ不可逆的な合意」であることを忘れてはなりません。日本政府としては慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」であるため、10億円を財団に拠出したのであり、それを韓国政府が再交渉を求めることや蒸し返すこと自体、この合意に矛盾していることを外交を通じて理解させていくべきでしょう。