読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

newsweek誌が大使一時帰国を「合理的な対応」と評価したことについて。

東亜政治

 

日本版ニューズウィーク誌にも駐韓日本大使の一時帰国について取り上げられ、日本政府のその対応を「合理的な対応」と評価しています。

www.newsweekjapan.jp

韓国の政情不安が日韓関係を直撃するのは時間の問題だった。昨年末、釜山の日本総領事館前に市民団体が慰安婦問題を象徴する少女像を設置。韓国政府の対応は弱腰で、15年12月の慰安婦問題合意が早くも崩壊するのではないかと日本政府が危惧しているのも無理はない。日本は今のところ、韓国側の行動に慎重かつ適切に対応している。駐韓大使を一時帰国させるという合理的・外交的な方法で、韓国政府の対応に不満を示した。

一時帰国の直後は一部から「やりすぎではないか」という声も聞こえてきましたが、韓国政府の対応や大統領選挙の候補者の言動を見て、韓国に責があるという国際的な評価が定まりそうです。

またこの記事にはこのようなことも書かれています。

日本政府は今回の少女像をめぐるいさかいが安全保障問題に飛び火するのを避けたがっている。それでも譲れない一線は示すべきだ。自国の外交官が韓国のデモ隊の標的にされるのに手をこまねいていてはならない。日本は朴政権が設立した元慰安婦支援財団への拠出金を約束し、既に履行済みなのだから、なおさらだ。

慰安婦象が撤去されていないなか、日本側は財団に10億円を拠出することについて難色を示していましたが、結果として先に10億円を拠出したことによって「履行済み」と解釈されて、今になってその判断が正しかったことが証明されたようです。

はてなブログのなかでも「日韓合意が過ち」という価値判断を行っていたブログがありましたが、仮に誤りだったとしても国家間の合意として効力を持つので、合意を覆すことはできません。日韓合意は日韓両政府の合意ですので、どちらかが一方的に破棄することをしない以上、合意として遵守しなければなりません。

日本政府が日韓合意を破棄することは限りなくゼロに近いと考えられますので、破棄するとしたらこれから大統領選挙が行われる韓国政府になります。これからの展望は、韓国政府が慰安婦象を撤去しない場合、それは合意を守らない韓国の責任になるため、国際社会にそのことを広く伝える必要があります。また、韓国政府がもし慰安婦象を撤去した場合、日本政府は韓国政府と協力しながら北朝鮮の脅威に立ち向かい必要があるでしょう。

少なくとも外交的なボールは韓国政府にある構図です。私としては韓国政府にしっかりと日韓合意を守って欲しい所存です。