読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

米国の衰退と、国際経済の停滞

アメリカのトランプ大統領が出した大統領令が波紋を呼んでいます。

www.nikkei.com

ロイター通信が1月31日発表した世論調査結果によると、イスラム圏7カ国からの入国禁止などを命じたトランプ米大統領の大統領令に賛成する人が49%となり、反対の41%を上回った。27日の発令以降、全米で抗議活動が目立っているが、国民の間では賛否が分かれていることが明らかになった。

合衆国は様々な国籍のビジネスマンや学者が自由に競争できる国だからこそ、超大国を維持できたのだと思います。日本や中国や欧州の優秀な学者がアメリカに行くのは、優秀な学者たちが集まっていくからです。そのような中で上記の大統領令を出してしまうのであれば、研究者や起業家たちはアメリカを目指すことなど無くなってしまうでしょう。

jp.wsj.com

 米国の貿易政策の歴史に詳しいダートマス大学のダグラス・アーウィン教授はトランプ政権の当局者について、「必要なことを現実的にみているとは思えない」と述べ、貿易ルールの変更には「非常に複雑で時間が掛かる。米経済に大きな混乱を招かないことを確認する必要がある」との見方を示した。 

この行動も同様です。自由貿易圏を構築することで、自国の企業が参入できる市場を拡大することを、各国が血眼になって推進して他のですが、この大統領令は流れに逆行しています。しかも、米国には世界的な多国籍企業の本拠地が多くあります、多国籍企業が世界の市場にアクセスできなくなるのは、そのまま企業の衰退につながります。

この数週間でトランプ氏の経済認識があまりにも現実と乖離していることを、世界の人々は認識しました。事態が深刻なのは、入国禁止令などが一定の支持を得ていることです。ある意味ではとても民主主義的だと思いますが、この行動はアメリカの国益を確実に損なうことになってしまうと思います。