読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

裏口でも領事館近くに慰安婦像があるのがアウトなの。

東亜政治

少し前にこのようなブログが注目されていました。

tabisaki.hatenablog.com

このブログの主張は「慰安婦像は領事館の裏口に配置してあり、人通りの少ないところにあるのであまり問題にならない、日本政府は騒ぎすぎではないか」

という内容でした。

ウィーン条約の第二十二条にはこのような条文があります。

接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害又は公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。

話を整理しましょう。

少なくともウィーン条約の批准国には「公館の威厳を侵害する行為」を防止する責務があるわけで、韓国政府もそれを認知しているわけです。韓国には外国大使館の半径100m以内でデモをおこなうことを法律で禁じています。しかし、ソウルの日本大使館前では、記者会見の名目で水曜デモが行われており、2011年に像が設置されて以来、韓国政府がこれを黙認しており、日本大使館前ではウィーン条約違反の状態が続いておりました。

一番問題なのは韓国政府がこのウィーン条約の問題で各国にダブルスタンダードの姿勢をとっていることです。

在韓米軍の米兵が中学生をひき殺してしまった事件で、韓国の市民団体が犠牲者の記念碑を、駐韓アメリカ大使館近くに設置しようとしましたが、韓国政府はこれを許可しませんでした。その後、碑はアメリカ大使館から離れた場所に無許可で設置されましたが、これも後に撤去されています。

web.archive.org

また、中国大使館前に韓国の市民団体が「脱北少女像」を設置する動きがありますが、韓国政府の外交部は「設置されたら撤去せざるおえないだろう」と発言しており、この日米中の対応の差は、どう考えてもダブルスタンダードです。

zasshi.news.yahoo.co.jp

ですので、裏口とか人通りの少ない云々よりも、韓国政府にウィーン条約を守る意思があるのか、それが問題なんですよ。しかも、それをこちらの国には適用し、あちらの国には適用しないという恣意的な運用は、まぁ国家としてよろしくないよね。

追記:ちなみにソウルの日本大使館前の慰安婦像は、正面に設置されております。上記のブログの筆者の論理からすると、日本大使館前の慰安婦像はアウトになります。