読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

韓国のナショナリズムと絶望的な日韓関係

東亜政治

大統領選を目前にして、THAADの設置について中国が韓国へ報復へ動いています。

そもそもTHAADとは何でしょうか。アメリカが北朝鮮の核に対応するために、韓国に設置を進める、ミサイル防衛システムのことです。ですが、中国は北朝鮮のミサイルだけではなく、中国は韓国にアメリカのミサイル防衛システムがあることをよしとしないため、いまでもこのような対立が続いているのです。

 

www.chosunonline.com

中国側としては、韓国の大統領選挙までこのような攻勢を続ける可能性があります。なにせ大統領選挙で独走状態のムン候補は左派寄りで、THAADは設置すべきでないと明言しています。仮にTHAADが設置されない場合、米国の安全保障担当者は在韓米軍を撤退を示唆する可能性もあります。

www.chosunonline.com

何より危険なのは韓国が中国とも日本とも関係が悪化しているのが、韓国にとってまずいでしょう。韓国の不安定化は朝鮮半島全体の不安定化にもつながります。ですが中央日報の見方はまだまだ甘いようです。

日本も韓日関係の間で新たな障害物に浮上した浮石寺(ブソクサ)仏像の引き渡しおよび独島(ドクト、日本名・竹島)少女像設置問題など、韓国の努力で事態の悪化を食い止めた事実を心に留めておくべきだ。

韓国は「仏像引き渡し問題」も「竹島慰安婦像設置」についても、韓国から出た錆だと言うことを理解していないようです。日本政府は日韓合意が履行される道筋を韓国が示さない限り、駐韓日本大使が戻ることはないと思われま