読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

韓国のマスコミが安倍首相を社説で猛批判している件について

日本で朝鮮半島で危機が起きるとテレビをはじめとしたマスコミで何度も報道されていますが、韓国ではそこまで問題になっていないようです。
日本の国会でも安倍総理が、朝鮮半島危機について答弁していたようですが、その答弁が韓国のマスコミの癪にさわったようです。

まずは朝鮮日報

www.chosunonline.com

韓国の国会で「日本で大地震が発生して韓国に難民が流入した場合」の対策を聞く質問が出て、韓国の公職者が「スクリーニングする」と答弁する光景を想像してみてほしい。今、一部の日本人の間に反韓感情が広がっているとはいえ、公職者たちがまるで隣国の不幸を願い、楽しむような言動でこれに迎合しようというなら、両国関係の正常化はますます遠ざかるしかない。

中央日報

japanese.joins.com

さらに韓半島有事に関連し「上陸手続き、収容施設の設置および運営、 わが国が庇護すべきものにあたるか否かのスクリーニングといった一連の対応を想定している」と述べた。戦争勃発を前提に韓国人が難民になって押し寄せる状況を想像したのだ。隣国の国民の自尊心に触れる発言だ。

 

当たり前ですが、朝鮮半島有事の場合に韓国国民が日本に殺到することは想定されることです。しかし、有事に殺到する韓国国民の中にISの戦闘員のような北朝鮮のテロリストがいる可能性もあり、安倍首相の「スクーリング」という発言は安全保障上必要だと考えます。その発言は「隣国の不幸を願い」や「隣国の自尊心に触れる」などの韓国のナショナリズム剥き出しの社説の中で批判されていますが、国境の管理は安全保障上行わなければなりません。

もう一つ、日本政府は在韓日本大使を韓国に帰任させる形で、韓国政府にボールを投げているので早急に日韓合意の履行を進めてほしいですね。日韓合意の履行とは何かというと、即ち釜山にある日本総領事の慰安婦像の撤去です。韓国のマスコミは自分のことを棚に上げて、すぐに日韓関係の悪化を日本のせいにしますが、そもそも自分たちがどのような状態に置かれているのかまだ理解していないようです。