東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

オウンゴールを決める文在寅大統領

少し前になりますが、文在寅大統領がアメリカ訪問中に日韓合意を破棄し、日本に法的賠償を求める発言を行いました。

www.sankei.com

「しかし文氏は最近、「問題解決の核心は、日本が法的責任を取り公式に謝罪することだ」と米紙ワシントン・ポストとのインタビューで語ったのに続き、ロイター通信には「慰安婦問題を含め、韓国との過去の歴史問題を解決するために(日本は)最善の努力をしていない」と批判した。」

大統領のブレーンや韓国与党の代表が日韓合意の破棄について発言するのはともかく、大統領自身が公式に日韓合意を台無しにするような発言をする影響力は大きいでしょう。
すくなくとも、文在寅大統領の周辺には外交実務に関してしっかりしたブレーンがいない可能性があります。
そうなると、北朝鮮瀬戸際外交に対応できないか、もしくは北朝鮮核兵器を開発し続けていても、北朝鮮に融和的な姿勢を堅持する可能性すらあります。

上記の発言から見えるのは、そのような文在寅大統領の外交方針の危うさです。国際社会が北朝鮮の挑発に対して制裁をかけることで一致している中で、韓国だけ北朝鮮と対話をすることは、国際社会からの制裁を台無しにしてしまう恐れがあります。

日本の外務大臣に相当する韓国の外交部長官がこのような発言をしております。

headlines.yahoo.co.jp

--駐韓日本大使館の前に設置された少女像に対する立場は。

「公館を保護しなければならない外交部の国際的義務があるが、少女像に対する市民社会の熱望に共感して尊重しなければならない。日本が移転を要求すればするほど少女像はさらに作られる」

 韓国が合意を履行するのは遠いでしょう。