東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

日本の法律を破ることを推奨する朝鮮日報

お疲れ様です。日本語版の朝鮮日報にて、日本ではあり得ないような記事が掲載されておりましたので紹介します。

www.chosunonline.com
引用します。

イ・ジェガプ氏は「2008年に初めて軍艦島に入った時は、明け方に釣り人を装って行った。部外者の立ち入りを監視する日本の行政船が現れる前にこっそり写真を撮らなければならなかった。危険だったが、本当に価値のあることだと思った。朝鮮人の宿泊場所には波が来るたびに海水が入ってきた。衛生状態もひどく見えた。その姿はあまりにもひどくて全身に鳥肌が立った」と言った。

軍艦島は2008年に長崎市で「長崎市端島見学施設条例」が制定されるまで基本的には立ち入り禁止で、2009年4月22日から軍艦島の一部が観光客が上陸・見学できるようになりました。

つまりイ・ジェガプ氏は長崎市の条例を破り、不法侵入によって撮影した写真を、展示しているというかたちになります。

この問題の根深いところはそれを無批判に掲載している朝鮮日報です。他国の法律を破っているこの人物を、無批判で紹介しつつ、英雄のような扱いで紙面に掲載しています。他国の法律を破っているのにもかかわらずです。

これは難しい問題ですが、韓国という国自体が法よりも情を優先してしまう傾向がある国だからだと思います。国民情緒法とも揶揄されるそれは、あまりに根深い問題です。