東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

中央日報「日本は非常時支援基地」

お疲れ様です。中央日報でこのような記事が掲載されました。

japanese.joins.com

内容の趣旨としては、「日韓慰安婦合意は韓国では破棄するべきという声が韓国国内では多いが冷静になれ、もちろん責任は日本にあるが戦うべきではない、日本は謝罪の手紙を作成しろ」という内容です。

この記事にはいろいろツッコミどころがあるのですが、とりあえず三点ほどかいつまんで説明したいと思います。

①日本の責任

もちろん再交渉の声が高まるのは安倍政権の責任も大きい。安倍晋三首相から謝罪の誠意が感じられない。

このブログでも繰り返し述べていますが、国家間の合意というのは両国が納得したから合意として成り立つわけです。日韓合意を安倍政権の責任とする韓国のマスコミは腐るほど存在しますが、そもそも韓国政府が合意したという事実を忘れているようです。
また「謝罪の誠意」という言葉ですが、慰安婦問題自体、何回も謝罪を繰り返した上に蒸し返されてきた問題です。韓国のナショナリズムに応じるメリットはありません。

②謝罪の手紙

このため従来の合意を土台に首相の謝罪手紙の伝達など補完策を添えるのが望ましい。

謝罪の手紙の望むのであれば、それは韓国政府が日韓合意に含めるべきでした。日韓合意は「最終的かつ不可逆的な合意」であるため、合意後に「韓国世論がきびしいから謝罪の手紙のおかわりをちょうだい」というのは筋が通りません。それは韓国政府の見通しが甘かっただけの話です。

③非常時支援基地になる日本

北朝鮮と核ミサイル問題で対立する状況で非常時支援基地になる日本と協力するどころか戦線を形成するほど非理性的なこともない。

一番違和感を感じた部分はここです。中央日報は当たり前のように「日本は非常時の支援基地」となると断じていますが、朝鮮半島の非常時に韓国と協力するかどうか決めるのは安倍首相、もっといえば日本の有権者です。
韓国としては非常時に日本を後ろ盾として利用したい気持ちでいるようですが、現在の日米韓の足並みをそろえられないそもそもの原因は韓国にあります。
日本のなかでも慰安婦問題や徴用工問題をはじめとする歴史問題で日本を挑発する韓国を支援したいと考える有権者はいないでしょう。
中央日報は東アジア情勢をあまりにも甘く見積もりすぎではないでしょうか。