東アジアの風見鶏

政治と外交と軍事についてです。

大韓民国臨時政府で韓国は二つに割れる。

お疲れ様です。韓国の文大統領の演説についての続きです。
慰安婦」と「徴用工」についてブログを書いてきましたが、今回は「大韓民国の建国について説明したいと思います。
文大統領は演説でこのようなことを述べました。

www.chosunonline.com

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、光復節(日本による植民地統治から解放されたことを記念する日)の祝辞で、「2年後の2019年大韓民国臨時政府の樹立から100周年を迎える年だ」と述べた。前日(14日)に大統領府(青瓦台)で開かれた独立功労者との昼食会に続き、1919年の臨時政府樹立を「大韓民国建国」と見なすべきとの立場を明確にした格好だ。

韓国では右派と左派の間で、韓国が建国された年はいつかとうことでたびたび論争になります。
右派は、韓国の初代大統領である李承晩が大韓民国政府樹立を宣言した年が1948年であるため、右派は1948年こそが韓国が建国された年だと主張します。
一方左派は、1919年に大韓民国臨時政府という独立運動組織が上海で組織されたため、その臨時政府を正統と考えているため、1919年こそが韓国が建国された年だと主張します。

右派である朝鮮日報は、ムン大統領を批判しています。

www.chosunonline.com

左派であるハンギョレは、社説でムン大統領を褒めたたえています。

[社説]誰が「建国節」を主張して分裂をそそのかしているのか : 社説・コラム : ハンギョレ

私は大韓民国臨時政府は正統であるという主張そのものに無理があります。それはなぜかというと、そもそも大韓民国臨時政府は名前に「臨時政府」と名前は付けてはいますが、中華民国やアメリカを始め、どの国にも臨時政府として認められていないほかにも、臨時政府としての役割を行っていないため、そもそも臨時政府としての体をなしていません。ちなみに亡命政府としても認められていません。

韓国の憲法前文では大韓民国臨時政府の流れを現在の大韓民国が継承していることが書かれており、ムン大統領が改めてその「正当性」を強調した形になりました。